ステロイドって聞くと拒否反応を起こす人は多いけれど…

atopi4

ステロイドって聞くと拒否反応を起こす人は多いけれど… アトピーの炎症が重い場合、やはり炎症を切り詰めないかぎりは痒みがひどいのでステロイドを使うのが一般的です。

「ス、ステロイド!?」という引いちゃう人もいるかもしれませんが、あの悪評の多いステロイドだ。 悪評といっても正しくは誤解されているだけですけどね。

ステロイドは、体内に居残る副腎皮質ホルモンと同じ働きを通してもらえる薬で、炎症や免疫反応を削るといった作用があります。 思い切り問題視される副作用というのは、長期間ステロイドを内服した場合の話です。

塗り薬(=外用薬)の場合は皮膚から吸収される量も少ないので、副作用も少ないですし、医師の指示どおりに塗りつける場所・量・期間・強さを考えて処方されたものを 塗り付けるようにすれば、まるで困ったことにはならないはずです。

但し、ステロイドは怖い薬だと抵抗感がある状態で使っていると、1回の付ける量が少なくなってしまったり、 取り扱う期間も少なく罹るなど、誤った方法で使用しがちだ。間違った方法で使っていては、勿論、治療の効果は得られません。これがまたステロイドに関する勘違いにつながってしまうんですね。

医師の指示通りに正しく用法容量を守って使えば、アトピーの炎症は治まるものなので、誤った情報に振り回されないこと、 自分で勝手に判断して治療を閉めたりしないことが大事です。
ステロイド外用薬の副作用によくある誤解

ステロイド外用薬の副作用によくある誤解 ステロイド外用薬に対してよくある誤解をまとめてみました。

◎ 肌が黒くなって仕舞う

ステロイドのせいで肌が黒くなるようなことはありません。正しくは肌を引っ掻いてしまう摩擦という刺激で肌の奥でメラニンがたくさんつくられてしまうというのが真相だ。

◎ 皮膚が薄くなって仕舞う

著しいステロイド剤を長期間続けた場合は確かにこういう副作用はありますが、医師の指示に従って、塗りつける場所・量・期間・強さを守って使えば、基本的には「弱い」として相応しい副作用だ。

◎ リバウンドして仕舞う

これは自己判断で、赤みが引いたからと薬の使用を止めてしまって症状が悪化した状態って混同されておるケースが多いです。 赤みが引いても炎症の火種はまだ居残るので、治ったとして薬を勝手に止めてしまってはいけません。

◎ 成分が体内に蓄積して仕舞う

ステロイドの成分が体内に蓄積されることはありません。

…………………..

炎症の度合いにあわせた強さのステロイドを使うことが大切になりますが、いまは炎症の度合いが血液検査でわかるようになっているので、 適切なステロイド剤を処方することができますし、治療効果も数値でわかるようになっています。誤解を解いて適切な治療を受けることが大事ですよ。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*