ご飯の力はすごい!!

お米には、パワーの源となるでんぷんの他、タンパク質や脂肪、ビタミンB1やビタミンEなどの栄養素がとことん含まれていて、なんだか栄養の宝庫!なかでも成分の7割以上を占めるでんぷんはめっぽう質が良く、消化・吸収も良いので、力をたくわえ、持続するといういわれているんだよ。
一段と、玄米にはこれらの栄養素がぎっしりとあるよ。

atopi7
文部科学省「五訂増補食品標準成分表」によって
ごはん1杯 150g(252kcal)に含まれる栄養 炭水化物 55.7g:パワーの源となるエネルギー/たんぱく質 3.8g:血や肉、細胞など体の基本をつくる/脂質 0.5g:体の細胞をつくる、効率の良いエネルギー源/ビタミンB1 0.03mg:病状を整え、疲れた体を元気に/ビタミンB2 0.02mg:病状を整え、美肌をつくる/カルシウム 5mg:丈夫な歯や骨をつくる/鉄 0.2mg:体のすみずみまで酸素をはこぶ/マグネシウム 11mg:骨や歯の発育・強化を促進/亜鉛 0.9mg:さまざまな酵素を活性化させ、広範囲に活動/食物繊維 0.5g:おなかの調子を整え、病気を予防
文部科学省「五訂日本食品標準成分表」から

お米で頭がよくなる?

でんぷんは体の中でブドウ糖に変化し、エネルギー源として脳の働きを活性化始める役割を備えているんだ。また、お米は脳の状態を終始新しくするビタミンB1などを多く組み込む食材とも好相性。そのため健康的なごはん食を続けていけば、独りでに脳の働きが活性化するについてなんだよ。

ひとくちメモ
水泳などの全身を使うスポーツにもお米は最高の威力を発揮するよ。世界のひのき舞台・オリンピックも、とある水泳の代名詞がレース前におにぎりを食べて、金メダルに結びつくパワーを引き出したについてもあるんだよ。
ごはん食はヘルシー食?

「お米は太りやすい…」としていないかな?本当はごはん食は、食べ方次第でダイエットにも役に立つ、ヘルシーな食事です。野菜や魚、海藻類や大豆を組み合わせた昔ながらの食事は、食べ合わせや栄養バランスなどの面から見て、やけにヘルシー。他の食品とも相性のいいごはん食で、ヘルシーな食生活を送ってみてはいかが?

お米はお肌の味方?

ごはん食での美容はダイエットだけではないんだよ。お米から落とせる米ぬかは、お肌にはなはだ可愛く、夏の強い陽射しに数多く留まる紫外線を防いでくれるんだ。再度、紫外線を浴びたお肌を優しくいたわる成分を含んだ、効果てきめんの自然派化粧品なんだよ。最近では、米ぬかを原料とした基礎化粧品やシャンプーなども多数あるんだ。

ライススマイルプロジェクト

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*